本郷三丁目眼科

  • 〒113-0033 東京都文京区本郷3-24-11

本郷三丁目眼科

診療案内

Medical guidance

診療案内Medical

一般眼科

視力の低下にはいろいろな原因がありますが、代表的なものに「近視」があります。世界的に見て日本人には近視者が多く、人口の6割以上が近視と言われます。

正常な目の状態では、遠くを見たとき、網膜上に焦点を結びます。しかし近視の場合は、角膜や水晶体を通った光が網膜よりも前でピントを結んでしまい、焦点が合わないため、はっきりと物を見ることができません。

小児眼科

小児眼科とは、まだ目の仕組みが完全に発達していない状態の小児が対象の眼科診療です。
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。その後、いろいろなものを見ることで視力は発達し、視力の発達はおおよそ10歳くらいまでと言われています。
目の障害は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気付くのが難しいのが現状です。個人差はありますが、3歳くらいになればある程度検査ができるようになります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きてくる眼の病気です。予備軍も含めると2,000万人といわれる闘病病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してから失明の大きな原因疾患となっています。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、花粉や住まいの中にあるほこりが原因になって起こる目のアレルギーのことをいいます。
最近では、ハウスダストによるアレルギーが急増しており、1年中室内にあるため、いつ発症してもおかしくありません。また、このアレルギーを「通年性アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。

眼精疲労

毎日何時間くらいパソコンを使用しますか?
また、コンタクトレンズを1日何時間装着していますか。長時間の方は、眼を疲れさせてしまっている可能性が極めて高いです。

目の奥が痛む、チカチカする、かすむ、乾く、かゆくなるなどの症状やそれに伴う後頭部の痛みや肩こり、頭重感がある場合は、いわゆる眼精疲労であり適切な治療が必要です。

ドライアイ

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷が生じる病気です。

高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴いドライアイ患者も増えており、その数は2200万人ともいわれています。

 

メガネ

眼科での眼鏡処方は、単純に度数を測るだけでなく、視力低下の原因を検査・診察した上で、処方を行います。

コンタクト

各種取り扱い商品一覧です。

緑内障

日本人における視覚障害の原因疾患の第一位は緑内障です。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に一人が緑内障と推定されています。
また、緑内障は視野(見える範囲)が狭くなってくる病気です。片方の目に見えない部分があっても、両目で見ているともう片方の目でカバーしてしまうため、見えない部分がかなり広がるまできづかないことが多い病気です。

白内障

白内障は、目の水晶体部分が白く濁ってくる病気です、白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内障(加齢白内障)といわれています。

  • インターネット事前受付はこちら

    当院は予約制ではありません。
    事前web受付がお済みでない方でも診療時間内にお越しいただければ診察いたします。

  • ネット受付24時間受付中
  • コンタクト販売店併設

診療案内Medical

  • コンタクト販売店併設